女の人

大人も子供も必要なdha|評判の高いサプリを徹底比較

全身にも影響が出る

眼精疲労

目から全身に

近年パソコンやスマートフォンの普及で眼精疲労を訴える方が増加し、低年齢化で早い方は小学生から眼精疲労の症状を訴える子も多く、そのままにしているとドライアイや視力低下、早期の白内障など様々な症状の原因にもなります。眼精疲労は同じ物を同じ高さ、距離で見つめている事によって目の筋肉に大きな負担をかけるため血行が悪くなり目の疲れ以外にも肩こりや頭痛、吐き気などの全身症状を起こし日常の生活に支障をきたす事があります。パソコンやスマートフォンを使用している時は長時間の使用し疲れを感じたら、目薬の使用や遠くの景色などを見るようにすると、目の筋肉の緊張を和らげる事ができ眼精疲労の症状を軽減させる事ができます。

初期段階で気づく

眼精疲労の代表的な症状の一つにドライアイがあり、パソコンやテレビ、スマートフォンの画面を長時間見つめる事により筋肉の緊張を起こすだけではなく、まばたきの回数が減るため眼球が乾き痛みや不快感を感じる症状です。眼球に涙の潤いが無くなり乾く事により細菌や外部からの埃などから眼球を守る事が出来なくなるため、充血や結膜炎などの感染症になる可能性が高くなり、特にコンタクトレンズを使用しながらの場合は裸眼やメガネよりもドライアイになりやすくなります。コンタクトレンズは水分補給に特化した潤い成分の多いコンタクトの使用で、ドライアイになりにくくなりますが視力が合っていない商品を使っていると、眼の筋肉に余計に負担がかかるため注意が必要です。また、眼精疲労を解消したいと考える人は、食事の栄養バランスなどの見直しもするとよいでしょう。目には、ビタミンやミネラルなどの必要な栄養素があります。これらを摂取することにより、眼精疲労も良くなるのです。しかし、ビタミンやミネラルを毎日バランスよく摂取するのも難しい場合は、サプリメントや健康食品などを利用するとよいでしょう。そうすることで、不足している分の栄養素を十分に摂取することができます。